読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんみん * ぞくぞく

最近めっきりおとろえた記憶の引き出しのために・・・民俗のフィールドワークの記録

フィールドワーク3連チャン

三重県四日市市 鳥出神社 鯨取り祭り

夏だ!猛暑だ!フィールドワーク2連ちゃん!!

県指定無形民俗文化財。かつては秋祭りとして行われていた。秋は鰯漁(ヒシコ漁)が忙しいので、お盆にやるようになったという。8月14、15日。

四ヶ所から鯨船がでるので、それを見に10:30ごろから見学。まずは、古川町の権現丸を見学。船の上のお稚児さんの踊りのイナバウワーぶりにビックリ。
f:id:tnag-min:20150814223229j:image鯨船

次に南組の感応丸を見に行くと、こちらはかなり勇ましい。どうやら、穏やかな海、普通の海、やや荒れる海、大荒れの海をそれぞれの組で表しているそうで、こちらは大荒れのなか突き進む船でした。

鯨の顔もかなり勇ましい感じでした。明日用のものもすでに準備済みだとかで、今日壊すこと前提とかって、すごいよね。
f:id:tnag-min:20150814223529j:image
昔は海にも突っ込んでいたとか。

愛知県新城市大海 放下

県指定無形民俗文化財。『ほうか』と読む。盆の8月14、15日に行われる。泉昌寺から15時頃に出発する。途中から見学。背中に大きな団扇をしょって、初盆のお家を廻っていく。
放下は室町くらいから、資料に見られているとか。
迎え火の炊かれたお家を廻っていくのは、今まで見たことない感じで、興味深かったです。
f:id:tnag-min:20150814224302j:image

愛知県新城市一色 放下

この時期新城市から宝来町にかけて分布している。こちらは、夜19時頃から開始。夜なので、iPhoneでは写真撮れませんでした。愛用のPENTAX K5でシャキシャキ写真撮影。
この先に集落あるの!?的な道の先にありました。
こんな思いは度々してますが、夜の行事だったんで、より幻想的で地元色が強かったです。

こちらは、タイムアップで途中退場。夜空がキレイでした。

炎天下の2連ちゃん。街中と違って日陰は涼しく、夜は快適でした。
明日も続くよ、お盆フィールド!